引っ越してリフォーム

仮住まいはどこで探す?おすすめは?

更新日:

前回の記事で、リフォーム中は引っ越して良かったという記事を書きました。

が、やはり良い物件が見つかったからこそであって、もしも良い物件が無かったら不便であっても住みながらリフォームをしていた可能性もあります。

今回は、仮住まい物件・一時引っ越し先を探したいけどどうすればいいのか?というところをご紹介します。

短期貸し物件の探し方

一番おすすめ!先ずはローカル不動産屋から

今回のリフォームで仮住まい先を紹介してもらったのは、結局「ローカルな不動産屋さん」です。

チェーン展開もしていない、もしくは近郊に2・3店舗くらいの地域密着型不動産。

これから仮住まいを探す方には先ず1番に行ってみて欲しいです。

もちろんおおっぴらに短期募集はしていないのですが、
この地域近郊で、リフォームの間だけ住みたいのです。。。と相談してみたところ

「ちょうど同じような仮住まいの人が出たばかりの部屋が空いている、
簡易な清掃しかしないけど、そのまま使ってくれるのであればOK」

というお答えが!しかも敷金礼金不要。物件は家から徒歩5分。最高です。

通常不動産屋さんではあえての短期貸しは募集していないので(レオパレスとかなら別ですが)、こういうときこそローカルの強みを感じました。

アパマンプラザ



メールで問い合わせると結構早いレスポンスで関連物件を紹介してくれます。
私自身リフォームでは使用していませんが、長期旅行の際アパマンの物件を検討していて問い合わせたり、店舗に行って話を聞いたりしました。

光熱費は別途かかってきますが部屋はオプション無しでも最低限の家具家電がついており、すぐ入居できるという速さ。

もちろん物件や地域で値段差はありますが、検討の余地はあると思います。

>>>>敷金礼金0も アパマンショップ

レオパレス

レオパレスは過去に一度旅先で滞在するために一か月利用したことがありますが、地域がらもあってか静かで室内の家具も新しく、特に不自由はありませんでした。

物件数はかなり多く、1LDKのお部屋もありますが基本は1Rや1Kの部屋が多い印象です。
4人家族だとどうしても広めの物件が良いですが、不便な場所にある1LDKよりも短期の仮住まいなので場所を優先して1Kを2部屋続きで借りて住むのもアリかと(家賃も1K・1Rは安いので)。

ただし鍵の交換料や清掃費など一定の経費がどうしても物件ごとにかかってしまうので、そこはキャンペーンなどにうまくあたれば家賃割引額と相殺されることもあります。

物件によって条件は異なりますが、私が利用した際はキャンペーン期間で利用料半額・光熱費全て込みだったので、お風呂も電気も気にせず使えてかなり気楽に過ごすことができました。

物件数がかなり多いので一見の価値ありです。

また、トランクルームも展開されているので引っ越し先に入りきらない荷物等を預けることも可能。

>>>最大50%割引!レオパレス21の短割

工務店さんが紹介してくれる場合も

うちの場合は工務店さん側が紹介等はまったくしていないそうで、仮住まいに関する提案は一切ありませんでした・・・。
大手の不動産だともしかしたら関連物件を紹介してくれることもあるそうです。

 

引っ越ししてリフォームが断然おすすめ

引っ越し自体は手間のかかることですが、移動してしまえばリフォーム完成までの間、“住みながらリフォーム”よりも圧倒的に快適に過ごせます。

住みながらの大規模リフォームはとても大変だと思うので、先ず物件を探してみてからどちらにするか決めても遅くはありません。

ぜひ今日明日にでも、先ずはローカルな不動産屋さんへ行ってみてください。

とりあえずネットでざっくり見てみたいという場合は、レオパレスにも物件がたくさん載っていますよ。

>>>レオパレス21

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-引っ越してリフォーム

Copyright© リフォーム日記 , 2018 All Rights Reserved.