準備・予算

リフォーム業者をどう選ぶ?大手か地元代理店どっち?うちの場合はこうでした。

投稿日:

リフォームを具体的に進めるには、もう家族間だけの話し合いだけでは足りなくなってきます。

やはりリフォーム・リノベーションの業者さんに話を聞いて、そもそも我が家に耐震は必要か、最近の耐震について・金額的な部分・何をどうすればいいのかを明らかにする必要が出てきました。

そこでまた悩むのがどの業者さんに尋ねればいいのかということですよね。
これはかなり重要です・・・。

とにかく「ぼったくられる」「カモられる」事を恐れていたのでむやみに無料査定なんかしたくないという気持ちがかなりありました。

それでなくても家のポストには頼んでもないのに「屋根の修繕」「耐震補強」「建て替え」等のチラシはいっぱい入るのです。そういう業者さんには絶対依頼したくないし、かといってネット上の口コミもあまり参考になる気がしない・・・。

どうしたものか、と思っていました。

大手か、地元の工務店か

どこに頼むか、の前に「大手か・町の工務店さんか」の2択を先ず選ぼう、ということになりました。全部を選択肢に入れると探す範囲が広すぎて大変ですしね・・・

大手を選ぶメリットデメリット

もし大手の住宅会社を選んだなら名前も通っているし、有名な企業だからなんとなくの安心感はある。きっと営業さんも丁寧に対応してくれて、細やかな説明や気配りもあることでしょう。

でも、でも

絶対に大手は金額的に高いのです。

受注を受ける窓口は大手でも、実際の作業は間違いなく下請けに回されるので、その分のマージンはお客である我々が払うことになります。
製造者から末端の小売へ商品が流れれば流れるほど商品代金が高くなるように、間に会社が入れば入るほど我々の支払額が高くなってしまう。これではなんだか損した気分になりますよね。

それに営業マンはあくまで契約を結ぶことが仕事の人。現場の大工さんではありません。
きっと、営業トークと実際の現場で起こる事には大きな違いがあるのではないかというのがとても大きな不安でした。

では地元の工務店さんは

大手をやめておく、とすると、地元の工務店さんが候補に挙がってきます。

地元の工務店さんだから信用できるというものでもないですが、地元で長くやっていて地域に根付いてるようなならば少しは安心かもしれない。あまりに悪徳業者だったら淘汰されてるハズ(そうであって欲しい)。

ただし

  • ローカルになればなるほど仕事の良し悪しははっきり明暗が出るだろうこと
  • 大手ほど対応がきちんとしているかは分からないこと
  • 万一の時にきちんとした保障があるか等不透明

という心配はありました。

それでも、きちんとした所を選べば大手よりよほど経費が掛からずに長年建築に携わったプロにお願いできる可能性が高い。

そう思って町の情報誌やネットで調べると、そう遠くない市内に数件見つかりました。
先ずは連絡して見積もりを取ってもらおう。複数社に見積もってもらって選ぼう。

そう思い、何件かピックアップしていたのです。が・・・

我が家の選択は

我が家はなんと1件にだけ連絡をして、そのままそこに工事を依頼しています。

というのも、祖父が昔建築関係の仕事に携わっていた時の同僚の方で、今現在独立して工務店をされている方にぽんと白羽の矢があたったからです。

祖父はすでに他界していますが、昔の震災の際にはその同僚の方に家の修繕をしていただいていた経緯から、連絡先が手元に残っていたということもあり・・・。

ただその工務店さんは電話帳にも載ってないし(個人名は載ってる)、工務店HPも無い。

祖父の知り合いとはいえ私は震災の時子供だったので覚えてないし、知り合いという手前、見積もり依頼をした結果金額が高くても断れなくなるのでは・・・という不安がありました。

 

しかし話を聞いてみないことには先に進まない。思い切ってその工務店さんに電話をしました。

そして、見積もり(というか相談??)を何度も繰り返し、最終的に「お願いします」とこちらから工事を進める依頼をして今に至ります。

価格は比較検討すべし

こういった感じで、私の場合はたまたま知り合いがいたからその業者さんのみと話をすすめましたが、もちろん一般的にはかなりおすすめできません。

価格があやふやで業者によって値段の差がかなり出るであろうリフォームで他社比較をしないなんて、まるで相手の思うつぼのようで恐ろしい気がしてしまいます。

リフォーム業者を今から選ぶ・決めるという方には、比較検討することを強くおすすめします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-準備・予算

Copyright© リフォーム日記 , 2018 All Rights Reserved.