引っ越してリフォーム

実際に利用した引っ越し業者

投稿日:

次にすることは引っ越し会社へ予約。

引っ越し予定は8月のお盆明けだったので、世間が休みのときほど引っ越し業者さんも忙しくなります。早めに予約を入れないとぎりぎりで慌てることになってしまうかもしれません。

引っ越し荷物の全体像

大規模リフォームといっても荷物を“完全撤去”しないといけないのは一階のみで、
二階の部屋は荷物を段ボールに入れて、部屋の中央に集めておいてくれたらOKとの事でした。

なので家一軒まるごと引っ越しするのではなく、仮住まいで使う家具・家電・食器・生活用品・買い置きしてる食品関係、そして個人の荷物などなど。

2か月以上かかるリフォームなので、「最低限」というほどではなく「案外使うかも」というレベルのものまで持って行くことにしました。

最初はそんなに荷物多くないかな?と気軽に考えていても、梱包していると段々と、「あれ・・・結構多いぞ・・・」とぎりぎりになって大慌てすることになります。

浴室のイスや風呂桶、持って行くか行かないか、もしくは捨てちゃうのか・・・決めていますか?
結構こういうこまごましたものが後から後から出てくるんですよね・・・

  • 梱包する箱の確保(引っ越し屋さんから貰える場合も多々あり)
  • 捨てるもの(重要!!)
  • 持って行くもの

を早いうちから明確にしておくと後で「これ要るの!?」「えーこれ大型ごみやん!」等で慌てる事が無くて良いかと思われます。

大型不要物の処理はこちらの記事↓をご参考にどうぞ。

関連 【盛大に断捨離】シルバーさんにタンス・勉強机など大型家具の運び出しを依頼したら安いのにめっちゃプロだった。

引っ越し業者を選ぶ

だいたいの荷物の全体像が定まったら、さて引っ越し業者を選びます。

我が家の場合

我が家の場合はあろうことか、1件に見積もりを取ってもらってそのままそこでお願いしています。

私が選ぶのであればあちこち調べて比較するのですが、私が居ない時に家族が引っ越し屋さんを探してくれていて、ぽんと決めてしまったのです。大手、パンダさんマークの引っ越し屋さんに。

最低でももう一社くらいは見積もりとった方がいいとは思ったのですが、結果として荷物の割に意外とと高くなく、作業を見ていると「プロだな~」と感心することしきりだったので、お任せして良かったです。

引っ越しを安くするポイント

正直に、「なるべく安くしたい!」と営業さんに伝えてみてください。
先方も契約してもらうことを一番優先していると思うので、安くできるプランを紹介してくれますよ。

例えばサ〇イさんであれば引っ越しのコースが7つから選べます。

梱包から全てお願いできる「らくらくコースプレミア」~最安値で引っ越しできる「ご一緒便」まで。

また、建て替え・リフォームをする人用の「建て替えコース」もありまあす。

こちらのコースは往復が前提となっていて、トランクルームも同時に借りる事ができるため、家の荷物を引っ越し先に持っていけない場合はとても重宝するコースです。

家⇔引っ越し先・家⇔トランクルームの往復を二重でどこかへ依頼しないといけなくなってしまうと、その場合コストと手間が増えるだけですよね。

時間帯を指定しなければ更に割安に

営業さんとのやりとりで、お願いすれば公の価格から割引をしてもらえるのはよくある話です。

が、その際に「希望日の・希望の時間に引っ越しを」となると、やはり割引が少なくなってしまいます。しかし「希望日の、何時でも大丈夫です。」という場合なら、先方の都合によって多少時間が左右される事と引き換えに、料金にちょっと融通を利かせることができます。

今回の引っ越しの場合でも、朝イチの便がすでに埋まっており、朝イチのお客さんが終わってからになるので「昼過ぎの1時以降~」のような少しあやふやな便になってしまうけど、それで良ければということで割引がありました。
結果的に6万円台で引っ越しができています(恐らく、とても近距離だったということも理由の一つだと思われますが)。

着物ダンスや整理ダンス、ガスコンロに家電、食器に生活用品・・・一番小さいトラックであるけどぎゅう詰めになるほど荷物があったのに、ありがたいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-引っ越してリフォーム

Copyright© リフォーム日記 , 2018 All Rights Reserved.