準備・予算

大規模リフォームで最初にはっきりさせるべきポイント。

更新日:

工務店さんに来ていただいて話をすすめたい・・・と思う反面、
先方からはほとんど何も勧められることは無く、ただこちらが一方的に質問をしていくだけでした。

そもそもこちら側が「どこをどうしたいのか?」をはっきりしていない状態だったのでこうなったのだ、と今なら思います。
例えば

私:地震対策さえできれば余計なリフォームは不要!
母:あれもこれも変えたい。ほぼ全部リフォームしたい。

といったように、家族間で意見がばらばら。
これでは先方も「???」になってしまいます。

結局最初に家を見てもらった時はこのように不完全燃焼なまま終わり、
その後何回か家に来てもらって玄関のドアを・・・・ベランダを・・・ととりとめなく場所ごとに見てもらい、
相変わらずな「まぁ、それはできますよ。。。」といった返答をいただいていたのでした。

一気に話が具体化した日

リフォームの全貌が明らかにならないので具体的な日程なんて全く話が進まない。

「ここの工務店さん止めた方がいいかな・・・あんまりやる気ないのかも。」という話まで出ていました。

そんな中、ぐいっと話が進んだタイミングがあったのです。

それは

具体的な出せる金額(予算)をこちらから話した時

でした!

「〇〇円くらいまででリフォームできればと思っています」
と家族が申し出た後から、工務店さん側からの提案がどんどん出るようになって

「じゃぁここはこうしたら」「今はこうった造りが多いですよ」・・・といった話が進みだしました。

この変わりようを受けて、私は「やっぱり金かいー!金の話がでたら態度急に変わった!!」とネガティブに受け取りましたが、
よく考えてみると工務店さん側も一体どこまでしたいのか?がよく分からないとあれこれ提案しにくい上に、金額の上限が分からないのはやりにくかっただろうなぁと思います。

※きっと予算を先に聞いてくる営業さんは少なくないと思いますが、金額的な部分をこちらが言うまで全く触れなかったこの工務店さんはなかなかシャイ(?)なんだろうと思い、その点も好感が上がりました。

とはいえお金の話はしにくい。

我が家の場合はこちらから予算について触れてしまいましたが、
私個人としては金額的な部分はなるべく言いたくなかったのです。

だって「値切れるならば値切りたい」し、「予算いっぱいいっぱいまで希望以上に詰め込まれる」事が嫌だったからです。

最初から工務店さんと信頼関係ができる訳もないのでこの辺はお互い探り探り、仕方無いのかなぁと思います。

そういう意味でもリフォームの目安費用を知っておくことはとても大切です。

ネットでざっくり価格を見てみる

ネットで複数社一括見積り!を謳っているサイトはありますが、上にも書いたように私はむやみに連絡をするのはちと不安なのです。

ですが、こういったサイトには施工事例やかかった金額などが多数載せられており、あれこれ見比べて「これでこれくらいなのか~」という目安をざっくり知ることができます。

こちらのリノコさん⇒【リフォームのコトならリノコ】
はサイトにリフォーム箇所の詳細・かかった費用・施工した職人さんの写真まで掲載されています。

リフォーム事例についてるコメントを読むのも参考になりますし、金額と照らし合わせてみると自分がどんなリフォームをしたいのか?お金はいくらくらいかな?のアウトラインがつかめるかと思います。

無料査定をしなくてもかなりの情報を得られるのではないででしょうか。

>>>>【リフォームのコトならリノコ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-準備・予算

Copyright© リフォーム日記 , 2018 All Rights Reserved.