リフォーム行程・写真

収納・使い勝手良し。タカラのシステムキッチン「レミュー」の感想。

更新日:

30年以上使ったキッチンとさよならし、タカラのシステムキッチン「レミュー」を迎え入れました。

タカラスタンダード レミュー

搬入直後

以前のキッチンはステンレス製のもので、使い慣れているということもあり特に不満も無く。

無理にキッチンまで変える必要があるのかなと思いつつのリノベーションだったのですが、いざ新しいキッチンになってみると素直に快適です。

以前に記事にしました鋳物ホーロー浴槽の快適さと同じくらい「今どきのものは機能も使用感もとってもいいなぁ」と実感。

特にキッチンに詳しいわけではないのですが、タカラレミューのイチユーザーとして感想や、以前のキッチンとの違いを書いてゆきます。

タカラシステムキッチン・LEMUREレミューの収納力はすごい

タカラのショールームでもキッチンは色々説明を受けたのですが、やはり一番惹かれたのは収納です。

引き出しをスライドタイプにするのか扉タイプにするのか等は選べます

奥が広く、背が高いものでも収納できるように区切られたスライド式の引き出しが3つ。

大きいお鍋や油のボトルもどんと入って取り出しやすい。収納がとにかく段違いです。

以前のキッチンと同じだけの高さ・幅なのに、スペースの区切られ方でこんなに便利になるのかと思う程、あれもこれも入ります。

下段にはホットプレートがまるっと収納できるようなワイドなスペースも。

ホットプレートの置き場は今まで流動的で、なかなか定位置が無く困っていたのです。
こうやってまるっと収納できるのは非常にありがたい。

またお鍋やホットプレートのような大きいものだけでなく、キッチン道具や調味料といった細かなものを収納するスペースもあります。

今までなら「主力メンバー」と「サブのメンバー」に分けて収納していたものが、同じ場所にまとめて収納できるのでかなり便利。

あれこれ収納しすぎるとかえってごちゃごちゃして、物がありすぎて分かりにくいのでは?と思うかもしれませんが

とにかくスペースの区切り方がうまくされているようで、引き出しの中にさらに引き出しが作られていたり、マグネットで自由に配置できるので無駄なスペースがほとんど無いのが嬉しいです。

収納力の少ないキャビネットだと結局サブの物入れ棚や小物入れの棚などを買い足さないといけなくなりますが、我が家はまだ買い足さずにいけそうです。

ただ、うちはキッチン上のキャビネットを購入していないので、その分を補うために様子を見て食器棚は買い足すかもしれません。今はまだ様子見。

ちなみにタカラの食器棚は購入していません。

なんとなく見た目に冷たい印象があったのと、このキッチンの収納&既存の棚の組み合わせでどこまでいけるか?
を試してみたかったので・・・

 

ホーロー・こんな良い点も

キャビネットはホーロー製なのでどこでも磁石が取り付けられて便利ですし、傷や汚れにかなり強く、またキャビネットがぴたっと締まるので虫も入り込めない仕様になっているそうです。

万一入ったとしても、ホーローのあの独独のツルツル感から虫にとって非常に身動きが取りにくいんですよ(中で生息し続けられない)と契約の業者さんが説明してくれました。

人造大理石とステンレシンクの違い

まだリノベーション後の片付けが終わってませんが、レミューのキッチンです。

以前のキッチンはステンレスタイプだったので、永く使うと部分的にうっすらではありますがやや曇ったような色になっていました。

毎日使う事で細かな傷が入るためそういった変化は仕方がないと思っていましたが、レミューのシンク素材となっている「人造大理石」は傷・熱に強いという強いメリットが頼もしい。

細かな傷が入りにくく、熱による変形も無いので衛生状態を保ってくれるようです。

ステンレスキッチンだと、お皿をシンクに落としても多少大丈夫というか、大げさに言うと「ぼよ~ん」とステンレスの板が少しクッション的な役割をしてくれていたと思うのですが・・・

今回の人造大理石シンクは傷に強いということから、お皿を雑に置いたりしたらお皿が割れてしまうんじゃ・・・と最初は少し不安でした。

大理石なので固い石であることは間違いないのですが、実際使ってみるとしっとりした石、というか陶器の食器を置くと「コツン」という絶妙にしっくりくる感覚があります。

大理石と食器の間に絶妙な摩擦があるような置きごたえで、いつも通り食器を置いたくらいでは食器が欠けたりはしなさそうです。

こんな良い点も

レミューは静音性がウリの一つでもあるのですが、確かに静かです。とても。
業界トップレベル(約35db)の静かさだそうで、食器を置いた音も静か。水を流す音も静か。

リフォーム中に一時住んでいたマンションのキッチンは水が出る位置がやたらと高く、シンクがはじいてかなりうるさかったので更に静かに感じます。

食器洗い・乾燥機

レミューには内蔵タイプの食洗機がついています。初の食洗機のため多少の不信感もあり、洗い上がりを毎日チェックしてちゃんと綺麗になったか確かめずにはいられません。

でも、使ってる人の評判はかなり良いですよね。食洗機。

まだ日が浅いので今後もっと良さを実感してゆくかもしれませんが、とりあえず現時点で感じた良い点・いまいちな点を。

食洗機、いまいちな点

先ずはいまいちな点から・・・イマイチというか、期待が外れたというべきかもしれませんが

  • 予洗いは不要だと思っていた

よほど油がこってりのもの以外はそのまま入れていいんだろうと思っていたのが、違ったようです。
食洗機に入れる前に水につけて汚れを落としてから使用するらしい。それって二度手間じゃないの?

  • 食洗機対応かどうかがわからない食器は洗えない

今どきの食器は「食洗機対応」というマークがついてますが、だいぶ前の食器だと分からないですよね。
特に漆系の器は、多分ダメだろうなと思うのです。

毎日味噌汁飲むのに洗えないの?うーん。不便。

食洗機を使った良い点

次に、良かったと感じた点です。

  • 確かに食器洗いの作業が楽になった

今までなら洗って、拭いて、の作業があったのですが、「予洗い・食洗機不可の食器洗い」をしたとしても、やはり楽です。思ってた以上に楽になったのでこれにはびっくりしました。

  • お湯で洗ってくれるので乾きも良く、きれい

食洗機の乾燥機能は使わず、洗いが終わった時点で取り出して自然乾燥しています。60度ほどの温度で洗浄しているため洗い上がりの食器はホカホカ。置いておいたらすぐにからっと乾きます。

以前は布で拭いていたので、手間も衛生面も上がりました。布巾で食器を拭くのって、あまり衛生的じゃないですもんね。

全体として、「思っていたよりもずっと良かった」というのが食洗機の感想です。

100均マグネットフックで代用も可

実際使ってみるまでどこにどんなものが必要かがわからないと思ったので、別売りのマグネット備品は買わなかったのです。

数日使ってみて、袋やゴム手袋をひっかけるフックが欲しい!ということが判明したので、取り急ぎ100均で磁石のフックを探してみました。

実際購入したのがこちら↑かなりがっちりとくっついて、なかなか頼もしいです。

ちなみにキャンドゥで購入しました。耐重量2キロまであります。

正直100均のものは磁力が弱くて使い物にならないんじゃないかなーなんて少し思っていたのですが、とんだ失礼でした。

もう1個買ってきます。

まとめ

リフォームをして感動したアイテム1位はお風呂でしたが、キッチンも地味なアイテムながら毎日使うものなので、最新機能の良さはかなり実感できています。

キッチン幅は以前とさほど変わらないのに、作業台の広さやコンロ部分、収納部分などが特に広く感じます。

お値段はしますが、なかなか快適です。

システムキッチン タカラスタンダード レミュー

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-リフォーム行程・写真

Copyright© リフォーム日記 , 2018 All Rights Reserved.